「茶禅一味」の禅茶道

 壺月遠州流禅茶道について

 茶道のルーツを訪ねれば、鎌倉時代の臨済宗の栄西禅師。源実朝の時代にいたる。


当流のルーツを遡れば、それは当然千宗易(利休)であるが、織田信長、古田織部、小堀遠州、三代将軍徳川家光と武家に伝わる茶道である。
 

この流れにある遠州流茶道を更に大正の大徳 大僧正渡邊海旭師(号 壺月)、先々代家元 知恩院僧正青柳貫孝宗匠が昇華、

 

茶の湯における禅茶道を徹底、余計なものは排して、仏道に合致せしめ、壺月遠州流茶の湯、禅茶道宗家を打ち立てた。   
 

東洋初のノーベル文学賞受賞者ラビンドラナート・タゴール(=タークル) (Rabindranath Tagore 1861年5月7日 - 1941年8月7日)は、

 

先々代家元、渡印におけるの弟子である。

 深山の渓流の如く、緩急自在に流れる水をもって、当流の茶風となすものである。

 

簡素をもって旨とするのが武家の茶道であるから、当流の茶道は、飾らない、気取らない、そのままの姿で行う茶道である。

 

加えて当流には、点前に男女なく、貴賎なく、茶道具の拝見もない。戦国の世に生まれた武士(もののふ)の茶道ゆえに、

 

現代という乱世に生きる我々に適合する。即ち人々に癒しと生命力を与える茶道である。

壺月遠州流茶道宗家

宗家四世中村如栴

茶禅一味を考える

茶も禅も行き着くところは同じ境界である。アメリカで味わう海の塩味も、日本の海の塩味も味は一つである。
 

入門案内

初伝まではいわば義務教育の部分で、中伝は高等学校、奥伝は大学で、皆伝は大学院のようなものである。但し、当流は風炉を主とした薄茶点前の流儀なのであるから「初伝」「中伝」「奥伝」とはいっても学ぶ事は同じである。腕前に応じて(磨きのかかり具合によって)三段階に分けたにすぎない。免許取得者は以上の主旨にのっとった当流の茶の湯をマスターしたことになる。

特定非営利活動法人 壺月遠州流禅茶道宗家.
All Rights Reserved.
  • Facebook - Black Circle
This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now