正座について

May 22, 2017

「静(正)」の座法でもう一つ・・・

 

正座をした時の足は、

重ねてはいけないということです。

 

実は茶道を始める前までは、

正座で座る時に左足の上に右足を重ねてしまう癖がありました。

この座り方では、

立ちにくいのです。

しびれてしまい長時間座るには向いていませんし、

上体も安定感があまりありません。

足は重ねず両足に上に腰を置くような座り方のほうが、

腰がきまります。

 

茶道の所作の基礎・根幹にあるのは、

 

正座

 

であると考えられます。

 

正座という座り方は、

丹田を中心として気を高め、

身体を練り鍛えるという意味においては、

整った座り方だと思います。

 

最近では、

正座は脚が曲がるとか形が悪くなるという理由で、

子供に正座をさせないお母さんもいらっしゃるそうですが、

生活様式の変化もありましょうが、

もう一度見直されてほしいと願います。

Please reload

Featured Posts

【如栴庵in岩櫃城】

November 6, 2015

1/3
Please reload

Recent Posts

May 26, 2017

May 22, 2017

May 17, 2017

May 15, 2017

Please reload

Search By Tags
Please reload

特定非営利活動法人 壺月遠州流禅茶道宗家.
All Rights Reserved.
  • Facebook - Black Circle
This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now