丹田に力を集約してみる

次に,

腹に力がかかるポイントをさがしてみます。

おなかの部分よりも下腹(下丹田)にに身体の余分な力を集約する(気をおとす)ようにし、

上半身の力を抜き力まないようにします。

これが腹がしまり、

腰がきまっている状態であります。

頸椎を伸ばし、

お尻を絞めて力を丹田に集約することにより、

背骨が伸びて頭と腹が上下に正しく引き伸ばされます。

そうすることにより、

身体の質量が増すように感じられます。

つまり体をおされても動かない状態です。

武道などで言われるところの、

上虚(頭に力の中心をおくのではなく)

下実(腹〔丹田〕に力がおちている)

の状態であります。

上半身の力が程良く抜けている状態であります。

Featured Posts
Recent Posts
Search By Tags
特定非営利活動法人 壺月遠州流禅茶道宗家.
All Rights Reserved.
 
  • Facebook - Black Circle
This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now